マイナンバーの利用・提供

法律で定めらた利用目的以外のマイナンバーを利用・提供はできません

社員番号や顧客管理番号として利用することはできません。

  • 社員や顧客の同意がある場合でも、マイナンバーを社員番号や顧客管理番号として利用することはできません。

マイナンバーを法律で認められた以外で、書き写したりコピーを撮ったりすることはできません。

  • 個人番号カードの裏面には、マイナンバーが記載されていますが、法律で認められた以外にバーを法律で認められた以外で、書き写したりコピーを撮ったりすることはできません。
    • レンタルショップで身分証明書として個人番号カードを利用する場合に、マイナンバーが記載されている裏面をコピーすることはできません。